トップ >
2018年02月06日


水道の冬支度はできていますか?




 今年も寒い季節がやってきました。

 平成28年1月には大寒波が襲来し、徳島市でも「凍結して水が出ない」や「水道管が破裂して水が噴き出している」などの問い合わせが500件以上ありました。

 本格的な冬の到来を前に、水道の冬支度を済ませておきましょう。





夜の冷えこみにご注意

 気温が摂氏マイナス4度以下になると、防寒の不完全な水道設備(水道管やじゃ口、給湯設備など)では、内部の水が凍結し、次のようなことが起こる場合があります。

  • 水道設備内の水が凍ってしまい、水がでない

  • 水道設備内の凍った水が膨張して、水道設備が破損する

 凍結しやすいのは、次のようなところです。


  • 水道管などがむき出しになっているところ

  • 水道管などが日陰や北向きにあるところ

  • 水道管などに風が強く当たるところ




防寒のしかた

 水道設備に保温材を巻いてください。

 じゃ口が破損することもよくあるので、水道管だけでなくじゃ口までを完全に包むようにしてください。

 保温材はホームセンターなどで購入することができますが、身近なものとして、使い古しの毛布や布などでも代用できます。

 なお、これらが雨で濡れないように上からビニールなどを巻くと、さらに効果的です。

 また、忘れがちなのが水道メーターの防寒です。メーターボックスの中に使い古しの毛布や布などを入れて保温してください。




凍ってしまい水道水が出ないとき

 凍った部分にタオルなどをかぶせ、その上からゆっくりと ぬるま湯 をかければ溶けやすくなります。

 ただし、熱湯などをかけると、急激な温度変化によって水道設備がひび割れたり、破損することがありますので、十分にご注意ください。






水道設備が破損してしまったとき

 まず、止水栓(メーターボックス内などにある水道の元栓)を閉めて水を止め、すみやかにお近くの 徳島市水道局指定給水装置工事事業者 にご連絡ください。

 ただし、古い水道設備などでは、止水栓が無い場合もあります。

 止水栓が無い場合、またはどうしても水を使用しなくてはならないときなどは、応急処置として、破損した箇所に布(厚手のもの)をきつく巻き付けてからテープなどで固定すると使用することができます。



水道設備の破損に気づきにくいケース

 凍結により水道設備が破損した場合に、すぐに破損部から水が漏れ出さないケースがあります。

 これは、水道設備内の凍った水によって流れが止められているためです。

 朝、水道設備から水が漏れ出していなかったので出かけたが、気温の上昇とともに、凍った水が溶けて、破損部から漏れ始め、帰宅した時には水浸しだったということもあります。



水道局からのお願い

 気温が氷点下になる予報の場合は、事前に水道設備の防寒を行うようお願いします。