トップ >水道局からのお知らせ >
2006年04月01日更新


コイヘルペスウィルスに関する
水道水の安全性について




 吉野川本流及び支流においてコイヘルペスウィルスの発生が確認され、吉野川を水源とする徳島市の水道水に不安を感じている方々もおられることかと思います。
 このコイヘルペスウィルスに関して、徳島市水道局の提供する水道水の安全性については、全く問題ありません。
 当局では、市民のみなさまに安心して水道をご利用いただけるよう、今後とも水道水の安全確保に努めてまいりますので、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。


参考

  • コイヘルペスなどのウィルスは、塩素消毒により殺菌されるため、水道水の安全性に問題はありません。
  • コイヘルペスウィルスは、30度以上では増殖することができないため、ヒト(体温:36〜37度)には感染しません。
  • 「コイヘルペスはコイ特有の病気であって、コイ以外の魚やヒトへの感染はない(農林水産省)」とされています。