トップ >水道局からのお知らせ >
2016年05月25日更新


悪徳訪問販売にご注意ください



 最近、水道局職員もしくは水道関係者を装った悪質な訪問販売や詐欺行為が多発していますので、ご注意ください!

■市から委託されたと偽って水質検査をうながす事例が発生

 平成28年5月24日に、「市のほうから委託されて水質検査を行っています。ご都合のよい日を教えてください。」と電話があったと通報がありました。

 水道局では給水用具の販売・あっせんや、お客さまの依頼のない水質検査、水質検査の委託などは、いっさいおこなっておりません。
 また、水道局からお客様に対して水質検査をおこないたいという連絡や通帳をみせてもらうようお願いすることはありません。


 なお、水道局ではメーターの検針や取り替えのほか、道路等に埋まった配水管からご家庭の水道メーターまでの間の水漏れ調査などを行う際に宅地内に入らせていただくことがあります。
 調査にお伺いする者は水道局発行の身分証明書を携帯していますので、ご不審に思われた場合は身分証明書ご確認いただくか、水道局までお問い合わせください。



被害事例


■水道局職員を装った訪問業者
 「水道局のほうからきました」「水道の者です」などのあいまいな表現で、水道局職員もしくは水道関係者を装い、水質検査やアンケートと称してご家庭を訪問し、不当な料金の請求や給水用具の販売をおこなう。

 ※水道局では給水用具の販売・あっせんや、お客さまの依頼のない水質検査などは、いっさいおこなっておりません。
 お伺いする者は水道局発行の身分証明書を携帯しています。ご不審に思われた場合は、身分証明書をご確認いただくか、水道局までお問い合わせください。



■水道管などの掃除
 「点検をサービスしています」などと説明し、断りなく数か所の清掃をおこない、高額な料金を請求する。

 ※通常の使用において、水道管の内部を清掃する必要はありません。


■浄水器の取り付け
 水道水に薬品を入れ、水が変色する様子を見せて「身体に悪い成分が含まれています」などと説明し、浄水器を取り付ける。

 ※水道水には、塩素が含まれているため、試薬の種類によっては反応・変色します。ただし、水道水には水道法で『水道水1リットル中に消毒のための塩素が0.1mg以上必要である』と定められていますので、健康には問題ありません。


■水道料金の請求
 水道メーターをチェックするふりをして、その場で水道料金を請求する。

 ※お客さまの引っ越しなどで精算する場合を除き、水道メーターの確認直後に水道料金を現場で請求することはありません。


■漏水の修繕工事
 「床下で水漏れしていたので修理しておきました」などと説明し、高額な修繕代金を請求する。

※ご依頼のない修繕などで、修繕代金を現地で請求することはありません。


■水道料金の払い戻し
 「水道料金を払い戻したいので、口座番号を教えて欲しい」などと説明し、最寄りのATMへ誘導した後、振り込み操作を指示する。

※お客さまにATM操作をお願いすることはありません。


 この他にも、高齢者住宅などに上がり込んで盗みをはたらくなど、様々な手口による被害が全国的に報告されています。


水道局関係者がご家庭を訪問する事例

 水道局では、検針や給水装置の調査のためにお客様の宅地内に入らせていただくことがありますので、ご理解とご協力をお願します(調査等は無料です。)。

■メーター検針
 2か月に一度、ご家庭の水道メーターで水道水の使用量を計りにお伺いします。


■メーター取替
 約7年に一度、水道メーターの有効期間が終了する前に、取り替えにお伺いします。


■漏水調査
 年次計画に基づき、道路等に埋まった配水管からご家庭の水道メーターまでの間の水漏れを調査するためにお伺いします。


 いずれの場合においても、水道局関係者がご家庭に上がり込むことはありません(水道メーターが屋内に設置されている場合などは除く。)。また、その場で料金を請求することもありません。
 なお、お伺いする者は水道局発行の身分証明書を携帯しています。
 ご不審に思われたときは、身分証明書をご確認いただくか、水道局までお問い合わせください。


もし被害にあわれたり、トラブルで困ったときは、
早めに消費者生活センターへご相談ください。

徳島県消費者情報センター
(088)623−0110

徳島市消費生活センター
(088)625−2326