トップ >水道事業案内 >
2017年02月09日更新


水道事業ガイドラインに基づく業務指標




 水道事業ガイドラインに基づく業務指標(平成25〜27年度版)を算出しました。


 この指標は、水道事業に関する様々な経営情報を全国共通の算定式によって算出したものです。
 業務指標の公表により、事業経営の透明性を確保するとともに、この指標を分析し、効率的な事業運営に努めていきます。

【水道事業ガイドラインとは】
 水道事業ガイドラインは、水道事業の業務分析をするための新しい「ものさし」として日本水道協会が平成17年1月(2005年版)に制定した全国統一の規格です。
 平成28年3月(2016年版)に規格が改正され、3つの水道サービスの目標に基づく7分類119項目の業務指標(PI)と9項目の主要背景情報(CI)になりました。
 これらの指標を算出することで水道事業の現状を数値化し、客観的に把握することができます。
 本市では、今年度から新しい規格により算出することとしました。